自社のアクセスを増やす!外部リンクを獲得する方法

大阪でサブスク運用のWEB制作を激安で行っておりますドスブイサポートです!

今回は、自社のSEO対策に必要な外部リンク対策を解説したいと思います。

  • 外部リンクを増やす意味
  • 外部リンクの増やし方

この2つをポイントに解説したいと思います。

そもそも外部リンクってなに?

外部リンクとはその名の通り、自社サイトのURLが他者にリンクされることです
信憑性の高い外部サイトの記事を貼り付けたり、信頼性の高いサイトからリンクされることで、ページ及びサイト全体の信頼度が高まります。

外部リンクを増やす意味

今回のポイントにもなりますが、外部リンクを増やすことで
上記に書きましたが、自社サイトが人から人気であるという証明です。

選挙に例えると投票されているイメージです

また、他社のサイトやブログから、自社のページへ誘導してくれるわけですから
アクセス数の増加が必然的に望めます

これによって、良質な外部リンクの取得は必要であると判断されます。

ではどうやって外部リンクって獲得していくんでしょうか?

外部リンクを増やす方法

外部リンクでSEO効果やアクセス数アップが見込めることが分かったところで、
では一体どうやって外部リンクを獲得していくのかまとめます

SNSに記事を投稿してシェアをしてもらう

FB、ツイッター、LINE、Googleマイビジネスなどには
お役立ち情報などとして投稿をしていき
いいね、シェアをしてもらうことで外部リンクとして機能します。

インスタはURLが貼れないので効果ない

ポータルサイト、まとめサイト、地元メディア、ローカルメディア(テレビ局)に掲載してもらう

有料コンテンツのサイトもありますが、無料でも登録できる業種はたくさんありますので
自分のサイトに合った関連するようなサイトにはこちらからお願いする形で連絡をとってみてください。

自社で分野ごとに複数のサイトを運営し、関連付けて外部リンクとして自作する

自分で関連するようなサイトを作りそこにリンクを貼りあう事で外部リンクになります。
例えば、美容院を経営されている方のサイト運営で、公式なオフィシャルサイトとは別で
髪型おススメサイトや髪型セットのサイトなどで分野を分けたサイト制作を行い、より分野に特化した専門性の高い良質なコンテンツを更新することで
そのキーワードで上位表示につなげることが理想です。
これによって両方のSEO対策になる上にそれぞれのページからのアクセスも見込めます

地域イベントに参加しつつ、協賛企業としてサイトで紹介してもらう

こちらは協賛企業なのでスポンサー契約が必要になるパターンが多いです
例えば、私が所属する大阪青年会議所でも協賛企業を募集しております。

詳しくはこちら

取り扱いメーカーや卸業者などに代理店や取次業者などとして紹介してもらう

こちらは取扱いの会社が事前にやってくれるところもあれば、こちらから問い合わせする必要がある方が多いです
せっかく代理店としてセールスを行う同志なですから、一度問い合わせして紹介してもらえるようにしてみてください。

プレスリリースを打つ(PRタイムズなど)

自社のプレスリリースを打つことで記事を公開してもらうと、URLをリンクしてもらえますので
こちらも外部リンク対策としては非常に有効なので、やっていない方はぜひプレスリリースを発信することを
おすすめします

アフィリエイターや個人ブロガー、インフルエンサーなどにSNSで紹介してもらう

身近な方でブログをやっている方は非常に多いのではないでしょうか、もしいれば声掛けをしてリンクを貼ってもらうことをおすすめします。
アフィリエイターの場合だと、1紹介に対していくらといった成果報酬型になってくるので費用をかければかけるほど紹介してもらいやすくなるというシステムなので有料になります。

インフルエンサーに関してはフォロワーの数に対していくらといった値段設定があります。私の知人が代理店をやっておりましたが
2021年6月現在では、1フォロワー20~30円あたりで相場があります。

まとめ

外部リンクは無料でできることと有料になることもあります。
まずは無料でできることからでもコツコツ行う事で自社サイトの価値が上がってきますので、ぜひやってみてください。