ホームページ完成後に必ずやるべき事

まいど!ドスブイサポート高橋しゃちょーです

今回はホームページは作れたけど、次は何をしたらいいの?
って方の為に解説をしていこうと思います。

自分でもWEB制作会社でも必ずやるべきことは5つあります
では個別に解説してまいります!

ホームページ完成後にやる5つのこと

ホームページは立ち上げましたが、これだけでは終わりません。
むしろこれからがスタートです。
折角自分の想いを込めて作ったサイトもこの作業なくしては先には進みません。

  • Google Search Console に登録
  • Google Analytics に登録
  • Google マイビジネスに登録
  • ホームページの情報発信・更新
  • SNSとの連携及び発信・更新

Google Search Console に登録

こちらはGoogleが提供するサービスです。

Googleのヘルプサイトでは「Google Search Console」について以下のとおり概要が記載されています。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

Googleサーチコンソールヘルプ

ホームページのあらゆる情報を無料で入手できます。
サイトが検索になかなかでなかったりするのはこちらにサイトマップを送信していなかったりします。
WEB制作会社によっては行われなかったりしますので、自分で設定を行うか確認が必要です。

Google Analytics に登録

こちらもGoogleが提供するサービスでアクセス解析ツールです。

サイト運用には必ずデータが必要になりますので、必須のツールになります。

  • サイトのアクセス数はどの程度なのか
  • 訪問者はどこから来たのか
  • サイトにはスマホかパソコンからのアクセスなのか

などのデータを計測することができます。
Googleサーチコンソールと連結することが可能です。

Google マイビジネスに登録

こちらもGoogleが提供するサービスで無料です。
Google検索において実店舗などの情報を掲載することが可能です。
こちらにホームページもリンクが可能なので情報提示するツールとしては必須で設定が必要です。

Google マイビジネスは、さまざまな Google サービス(Google 検索や Google マップなど)上にローカル ビジネス情報を表示し、管理することができる無料ツールです。実店舗に顧客を迎え入れてサービスを提供するビジネスや、エリア限定でサービスを提供するビジネスを営んでいる方は、このツールを活用すればユーザーにビジネスをアピールすることができます。Google でのオーナー確認を済ませているビジネスは、ユーザーからの信頼度が倍増する傾向があります。

Googleマイビジネスとは

ホームページの情報発信・更新

こちらが最も重要になります。

ホームページをGoogleなどの検索エンジンで上位表示をしていくなら、こちらの作業は必要不可欠です。
サイトに訪問する方は情報を探しています。その情報を有益な情報とすることで
Googleはこのサイトは優秀なホームページであると評価してくれます。
これがSEO対策で「コンテンツ重視」の法則となります。

弊社でもホームページにWordpressを取り入れて簡単に更新してレイアウトを崩さずブログ感覚でホームページを更新することが可能にして
情報をアップデートしております。このブログ自体がコンテンツであり情報を発信するページなのです。

よく、たわいもない今日のお昼はこれを食べました。美味しかったです

みたいな、つぶやきまでもブログで掲載してページを増やすということもありましたが今では逆効果です。

サイトにアクセスして頂いた、有難いユーザーに対して探している情報を正確に提示できる有益なサイト構成を意識して更新していきましょう

重要なのはテーマを決めたサイトはそれに関連するコンテンツで構成する

SNSとの連携及び発信・更新

せっかくWordpressで記事やサイトのページを更新したのなら、ホームページだけにとどまらず、SNSでも発信しましょう。

そうすることで、サイトの訪問していただく入口は広くなるうえに、無料で拡散できるというメリットしかありませんので、使わない手はないです。

主にフェイスブックとTwwiterには連結しやすいので、こちらの2つだけでも最低限は記事を連結させるなり更新するなりして、サイトを紐づけ被リンクとしても活用しましょう。